『 #ボクらは誰も傷つけたくない 「男らしさ」の謎を探る冒険』|ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン

#ボクらは誰も傷つけたくない |

#ボクらは誰も傷つけたくない|ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン

PDFファイル
無料ダウンロードはこちら
(※京都市男女共同参画推進協会のページにリンクします)

このページの目次

思春期から始まる「有害な男らしさ」の謎を探る

下ネタ知識の多さ、身長の高低、恋人の有無、勉強の出来不出来…。

思春期の男の子たちは、外見や性格、言動などさまざまな「男らしさ」の価値観や序列にさらされ、悩みを抱えます。

序列の下位に陥るまいと「男らしさ」のマウンティングと競争に躍起となり、そこに潜む暴力性を気づかないまま、他者を、あるいは自身をも傷つける─。

女性はおろか男性自身も苦しめるそれは、「有害な男らしさ」として近年、知られるようになってきました。その呪縛から解かれるためには─?

思いを共有するウィングス京都とコラボ。思春期から始まる男らしさと暴力の関係について、ブックレット『 #ボクらは誰も傷つけたくない 「男らしさ」の謎をめぐる冒険』を制作しました。

男子集団・男社会を解剖するコンテンツ

#ボクらは誰も傷つけたくない|ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン

20・30代になったボクたちが思春期の謎ルールを振り返ってみた

下ネタワードの豊富さでカースト上位、性教育の授業が笑いのネタ、恋バナの延長が必ずセックス…。

「あれって、何だったの?」。かつての男の子たちが、思春期の頃にさらされた数々の謎ルール・レッテル、男同士のしんどかったエピソードについて振り返る座談会です。

男子集団解説 ~男らしさ6つの生態~

さまざまな基準での競争、エロ知識・俗説をひけらかす、同性愛を茶化す、排除されないよう空気を読む…思春期の、男子の集団に見られる特徴を紐解きます。

そこには、大人の社会でも共通する「力と支配」「暴力容認」といった価値観が広がっています。

「男らしさ」が誰かを傷つけるとき

「強引な男はかっこいい」。こうした価値観は今も残っています。

男らしさは往々にして暴力と結びつき、「力(パワー)」で相手を従わせることに寛容な空気を生み出します。

力(パワー)による支配のあらわれとして、若者たちがさらされやすいデートDV。その原因について考えます。

男の子とデートDV ~加害・被害と向き合うために大人ができること

「別れさせ」ても解決ではない。

デートDVに直面した時、大人たちはどうすべきか? デートDV、暴力への向き合い方について、認定NPO法人エンパワメントかながわ理事長の阿部真紀さんに伺います。

部活やいじめにも性暴力が潜んでる件~男性から男性への加害

男性から女性への加害に隠れ、見過ごされがちな男性から男性への加害。

「からかい」や「じゃれ合い」として扱われてしまう男の子同士での性暴力。その見えづらい実態について解説します。

男性が「弱さ」でつながるということ

「からかい」や「いじり」といった競争的なコミュニケーションで、関係をつなごうとしがちな男たち。

逆に「弱さ」を語り合うことで、男らしさの呪縛を解く─。男性同士の対話グループ「ぼくらの非モテ研究会」を主宰する西井開さんに、語り合いの実践から見えてくるものについて伺います。

「男らしさ」が、暴力に向かわないために

大人から、「男らしさ」をずらしていく。

思春期の男の子たちが抱える男同士のさまざまなピア・プレッシャーに、大人たちはどう向き合うべきでしょうか。制作メンバーからの発信です。

指南書 ~「男らしさ」を考えるブック・WEBガイド

思春期男子から大人まで、自身の悩みや葛藤に寄り添うおすすめ本・WEBサイトをご紹介します。

ドット絵で描く「男らしさ」を探る冒険

#ボクらは誰も傷つけたくない|ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン

コンテンツ企画はホワイトリボンキャンペーン・ジャパン(WRCJ)とウィングス京都のコラボ。コロナ禍の中、数ヶ月にわたりオンラインでディスカッションを重ね、コンテンツを練り上げました。

思春期、ゲームにハマったという人も多いのでは、という想像から始まり、重くなりがちなテーマを親しみやすく演出するため、RPGを思わせるドット絵(ピクセルアート)で、誌面をデザインしました。

デザイン制作は、WRCJのメンバーでもある松田明功(フリーランス・デザイナー)が担当しました。

ホワイトリボンキャンペーン・ジャパンとは

ホワイトリボンキャンペーンジャパン

ホワイトリボンキャンペーン・ジャパンは男性が主体となって、性暴力やDV、さまざまなハラスメントにNOを示すことを呼びかけています。

暴力の加害者の多くは男性ですが、暴力をしない多くの男性たちは「当事者の問題だ」として無関心になりがち。しかし身近な女性が、あるいは自分自身が被害者にならないとは限らず、男性にとって無関係とは決して言えません。

私たちは「男性の非暴力宣言」を掲げ、あらゆる場面で暴力という手段を選ばず、また目の前の暴力に沈黙しない男性を増やすべく、活動しています。

ぜひ私たちの活動にもご注目ください。

#ボクらは誰も傷つけたくない|ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン

PDFファイル
無料ダウンロードはこちら
(※京都市男女共同参画推進協会のページにリンクします)


Gender Hand Book vol.2 #ボクらは誰も傷つけたくない 「男らしさ」の謎をめぐる冒険

【概要】
A5、全16ページ、カラー、2020年11月発行
【企画・編集】
(一社)ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン(WRCJ)
(公財)京都市男女共同参画推進協会
【編集・デザイン】
松田明功(スタジオ・ボウズ https://studio-bouzu.net
【協力】
(公財)京都市ユースサービス協会
【発行】
(公財)京都市男女共同参画推進協会